弁護士に自己破産手続きを依頼【借金に関係のある知識を有している】

手続きをする前に

相談

借金の支払いが難しくなったときに利用できる制度が自己破産で、誰もが利用することができます。借金を帳消しにしてくれる魔法のような制度ですが、いくつかのデメリットもあるので、手続きを始める前に良く考えて決めることが大切です。

詳しく見る

専門家に相談して解決する

ジャッジガベル

自己破産は自分で手続きをするのが難しいので、専門家の弁護士に依頼を行うことが普通です。弁護士を選ぶときには、債務整理を受付けている法律事務所を選ぶ必要があります。経験や実績が多い弁護士のほうが、安心して依頼できます。

詳しく見る

借金を帳消しにする方法

弁護士

自己破産は債務整理の種類の1つで、借金の返済義務を無くす方法です。裁判所に申立てをする手続きなので、弁護士に依頼して行う人が多いです。破産が成立すると住宅や自動車が没収されて、債権者に分配されます。現金は99万円まで保有できます。

詳しく見る

手続きの影響を知る

相談

自己破産をする前に、手続きが成立するとどのような影響があるのか把握することが大切です。破産をすると自分名義の財産の大部分が没収されます。住宅などは手放す必要があることを知っておきましょう。資格の一部も停止処分を受けます。

詳しく見る

免責を受ける代償と手続き

男性

自己破産をする為に裁判所に免責を認めてもらうと債務が免除されるだけでなく、財産の没収や職業制限などの代償もあります。また債務の理由がどんな内容であっても免責を受けられるわけではなく、免責不可事由にあたる内容であれば免責を受ける事はできません。

詳しく見る

まずは弁護士に相談

メガネと法律書

相談会にも参加

事業の失敗や投資の失敗によって、多額の借金を抱えることは、少なくありません。普通の人生を歩んでいた人でも突然多額の借金を抱えることがあるのです。そんな時に返済能力があれば良いですが、現実はそう簡単にはいきません。多くの人は自己破産の覚悟を決めると思いますが、この自己破産には小難しい手続きが必要です。法律の知識はもちろんのこと、借金に関係のある知識を有している必要があり、また申請を行う気力も必要となります。自己破産を考えている人が、そこまで頭が回るかというと、それは現実的ではないので、特別な理由がない限り専門の弁護士に依頼することを勧めます。弁護士であれば、何件もの案件を担当しているため、どのような理由の自己破産でも問題なく手続きを行ってくれることでyしょう。依頼主は弁護士に従うだけで、無事に申請は完了し、はれて自己破産が確定します。そこからの人生は茨の道でありますが、借金の苦しみからは解消されることに間違いないので、再スタートをきることをおすすめします。なお、最近は自己破産を検討する人に対して無料の相談会が開催される場合があるので、積極的に利用しましょう。説明会では弁護士立会のもと、様々なアドバイスを受けることが可能です。借金のことで頭が回らず、解決策が見つからないと悩んでいるのであれば、こういった無料の相談会に参加するのも一つの手です。誰も助けてくれないわけでは決して無いので、まずは相談してみましょう。