弁護士に自己破産手続きを依頼【借金に関係のある知識を有している】

手続きをする前に

相談

デメリットを考えて決める

自己破産は日本が法的に認めている借金の整理方法で、支払い不能に陥った債務者の破綻した生活を立て直すために用意されています。自己破産の手続きを進めると裁判所から免責の許可を受けるのですが、この免責によって借金の返済義務、つまり債務がなくなります。基本的にどんな人でも自己破産の手続きを進めることができますが、状況によっては免責を受けられない場合もあります。たとえばギャンブルや投機、遊行費などで借金を作ってしまったり、故意に資産を隠すことや処分したことが見つかると手続きそのものが中断されます。他にもいろいろな条件がありますが、こういった理由で免責が受けられないのは希ですが、予め弁護士に相談しながら手続きをしていれば失敗することはないはずです。自己破産は借金を帳消しにしてくれる魔法のような制度ですが、何のデメリットもなく行えるものではありません。まず、お金の扱いに関して信用がなくなってしまうため、クレジットカードや様々なローンを組むことができなくなります。また、動産や不動産に関わらず、一定以上の価値ある財産は処分して債権者に配当されるため、ローンの残った家などが没収されるのも覚悟しなければいけません。さらに、一定期間は就業できる職業に制限がかかるので、主に金融関係の仕事をしている人にはトラブルが起こる可能性もあります。このように様々なデメリットを課せられるのが自己破産なので、借金を整理する際は良く考えて決めることが大切です。借金の整理方法には、他にも個人再生や任意整理などがあるので、弁護士と相談しながら決めるようにしましょう。