弁護士に自己破産手続きを依頼【借金に関係のある知識を有している】

免責を受ける代償と手続き

男性

手続きの前に知っておく事

自己破産とは債務整理の一つの方法で裁判所に免責を受ける事で債務を全額免除してもらう事ができます。債務を軽減する効果では債務整理の方法の中で最も効果がある方法です。免責を受ける事で起きる代償は所有している財産は没収されて債権者に可能な限り返却されます。それでも現金もその他の資産を全て没収されるわけではなく、生活必需品や99万円以下の現金に関しては手元に残す事ができます。手元に残せる残債以外を没収される以外の代償は信用情報に傷がつく事と職業制限がかかる事です。金融事故を起こすと信用情報機関に金融事故を起こした事実が登録されます。この情報は多くの金融機関が共有する情報なので、記録が残る数年間は新たにローンを組んだりクレジットカードを契約する事が難しくなります。自己破産をすると就けなくなる職業がいくつかあるので、自己破産をする事でその後始められない仕事が出てきます。破産時に職業制限含まれる仕事に就いている場合は失業する事になります。自己破産によって受けられるメリットだけでなく、これらのデメリットを把握した上で手続きに入るべきです。またどんな場合でも免責を受けられるわけではなく、免責不可事由と言って免責を受けられないケースも存在します。免責不可事由にあたるのはギャンブルによる債務や浪費による債務である場合です。免責の手続きは債務者本人が行っても問題ありません。しかし素人が一人で行うのは難しいので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると良いです。