弁護士に自己破産手続きを依頼【借金に関係のある知識を有している】

手続きの影響を知る

相談

財産が没収されます

自己破産を行うにあたって、大切なことはどのような内容の手続きなのか把握することです。自己破産をすると借り入れ先の債権者は、返済してもらえなくなるので、債務者が保有している財産を換金して借金に充当する流れとなります。従って、どの程度の財産が持てるのか知っておいたほうが良いです。保有が可能な財産は99万円以内の現金や、日常生活に最低限必要な家財道具などです。多くの財産は没収されますので、資産を保有している人は、本当に自己破産をしたほうが良いか決めるべきです。資産を多く持っていない人にとっては、大きなデメリットは無いと言えます。資格を利用して仕事をしている人は、自己破産の申立てをしてから免責が認められるまでの期間中、停止処分を受けることがあります。弁護士や司法書士、税理士、警備員、保険外交員などの資格は停止処分となるので、これらの資格を利用して仕事を行っている人は注意が必要です。職業によっては、一定期間にわたって仕事ができない状況になることを理解しておきましょう。一般的には自分が自己破産することで、家族に迷惑がかかることは無いです。処分の対象となる財産も自分名義のものに限られます。ただし、借金の契約をしたときに、保証人を付けているケースもあります。家族が借金の保証人になっていれば、自己破産をしたときに返済義務が保証人に移ります。そのために保証人の家族が返済しなければなりませんので、借り入れ契約に関して調べておくことが重要です。家族が借金の保証人になっている場合には、自己破産は適切な解決方法とは言えなくなります。