弁護士に自己破産手続きを依頼【借金に関係のある知識を有している】

借金を帳消しにする方法

弁護士

債務の返済義務を無くす

自己破産とは債務整理の1つで、法律的に借金の返済を帳消しにする手続きです。金融業者などから借り入れをしていて、返済する能力が無い場合に認められます。破産するには裁判所に申立てをしなければならず、裁判所の判断で債務者が返済能力を有していないか決定します。自己破産の開始の申立てをすれば、それだけで成立するというわけではなく、裁判所に免責を許可してもらって始めて借金の返済義務が無くなります。免責が成立すると、それ以降は金融業者に返済する義務は消滅するために、借金問題が解決します。ただし、何もデメリットが無いわけではなく、保有している財産の多くが没収される手続きです。持つことが許される現金は99万円の範囲内までと決まっており、住宅や自動車などの財産は原則的に持つことはできません。住宅がある場合には債権者へ分配するために換金して、借金の返済に充てられます。自動車は20万円以上の価値があると判断されたものは、処分する必要があります。免責には不許可事由が存在しており、ギャンブルで増えた借金や浪費のために借金をしたときは、免責が認められないことが考えられます。従って、借金をした原因によって自己破産で返済義務が無くなるか決まりますので、自分自身のケースで破産をする意味があるのか弁護士に相談してから決めることが大切です。むやみに自己破産すれば全て解決できるとは決まっていないために、十分な注意が必要と言えます。